User's Voice
体験者の声

HOME体験者の声
  • 早稲田大学 浜野真帆さん

    • 研修期間 : 2017年1月10日〜2月10日
    • 場所 : カリフォルニア州シリコンバレー
    • 研修先 : IT企業

    グローバルキャリア実習に参加した「目的」は何ですか?

    今回参加した目的としては、大きく3つあります。1つ目は「働く」という経験をし、またそれを通してITへの興味を知識に還元すること、2つ目に外資系の会社への就職が決まったために英語の能力を上げること、最後にホームステイの経験を通して自分を見つめ直すことです。それに加えて、目的とは異なりますがアメリカという国に興味があったということが参加のきっかけにもなりました。今までアメリカ以外の興味のある国には行ったことがあったので、学生最後に自分の希望を叶えたかったという気持ちもあります。

    どのような実習を行いましたか?

    日本人の上司のもと、マーケティングチームに所属して実習を行いました。内容としては、今までの広告資料作成、英語から日本語へのストリング翻訳作業、ホームページの細かな改善、エアポート広告の提案資料作成、次回出展イベントの準備、Webマーケティングのリサーチとそれに伴うアカウント作成やWebページの作成などを行いました。

    海外企業での実務実習は、自分の将来に役立つと思いますか?

    何がどう役立つか、働いたことのない私にはまだはっきりとわかりません。が、間違いなく貴重な経験だったとは言えます。「働く」ということが、本当に自由で自分次第ということがわかったこと、また、チームの中で個人として働く姿勢の基準ができたこと、またまだ何の力のない私自身に実力をつける覚悟を決めさせたこと。これらは仕事内容に関わらずとても大きな学びであり、今後社会に出るにあったって役立つ気持ちや気づきだったと思っています。

    海外の企業で働いてみて、日本と違うと感じたり、気がついたことは何ですか?

    「自分次第」ということが一番大きな気づきだと思います。出社の時間も仕事への取り組み方、時間の使い方、自分が自分をマネジメントできないと働き続けるのは難しいなと肌で感じることができました。逆にいうと、手を抜くのはすごく簡単なことで、それもすぐに自分に返ってくるということがわかりました。またそれらが、私にとっては居心地のいい空間でもありました。規模がそれほど大きな企業でなかったこともあって、どんな小さな仕事であっても自分がやったという価値を付加して仕事をやり遂げると、成果(達成感)を感じることができるし仲間に還元できることが多いなとも感じました。

    ホームステイはいかがでしたか?

    非常に良い経験になった。 久しぶりにホームステイをしたいと思ったのは、人をまるっと受け入れる心の余裕が私自身にしばらくなかったからです。楽しい瞬間だけではないということも、第2のアメリカの家族ができる喜びというのも、きっとあるだろうなと思いながらホームステイを希望しました。結果、やっぱりホームステイはすごくいい経験だったと言えます。 自分が発信しないと何も状況は変わらず伝わらない、自分のことを全て知ってくれているわけではない、それでも見ず知らずの私を受け入れてくれると決めたホストファミリーの暖かさに触れることで、自分自身の心構え、行動が変化していったことが自覚できました。また異なる文化に直で触れることができるのもホームステイのいい点だと思います。私のホストファミリーはインド人の家族だったので、食事という面でもママのお友達との繋がりでも新しい発見がいくつもありました。

    休みの日や帰宅後はホストファミリーとどのように過ごしましたか?

    休みの日は必ず、どこか有名な観光スポットや大学、ショッピングなどに連れ出してくれるホストファミリーでした。ママと二人で出かけることが多かったです。 帰宅後はそのまま買い物に出かけたり、近くを散歩したり、自分の部屋で過ごしたり、ダイニングでテレビを見たりして過ごすことが多かったです。

    浜野さんのホスト企業担当者の方からのお声

    Maho always had positive attitude toward assigned projects and willing to take on any new challenges within her ability. Work results were accurate and complete for the most part. She was also very punctual and her work ethic was good example to other employees. We truly enjoyed having Maho work with us and miss her presence and her support in our company already.

    浜野さんのホストファミリーさんからのお声

    We loved having Maho stay with us. The time has gone by so soon. I enjoyed all the time we spent together shopping and cooking too. We wish Maho all the best in life and hope to see her sometime in the future. Love and best wishes to Maho always.

  • 電気通信大学 S.Sさん

    • 研修期間 : 2015年8月17日~9月25日
    • 場所 : カリフォルニア州シリコンバレー
    • 研修先 : IT企業

    グローバルキャリア実習に参加した「目的」は何ですか?

    海外で働く経験を通して、自分の将来へのビジョンを明確にさせるために参加しました。

    その目的を達成することができましたか?

    国内で働く方、シリコンバレーで働く方、ベンチャーキャピタルの方など様々な方と密に接し、様々なお話を聞くことで視野が広がり自分が将来どうしたいかが見えた。また、日本企業についても俯瞰的に知ることができたので、達成できました。

    海外企業での実務実習は、自分の将来に役立つと思いますか?

    日本企業の良さ悪さについて、深く知ることができた。世界の中での日本に於ける技術の状況を俯瞰的に見ることができたため、自分が将来を決定するための指針になった。また、グローバルに働く人の考え方を知ることができ、大変共感したため、海外の企業への抵抗感がなくなり、自分の将来に於ける選択肢が増えた。

    海外の企業で働いてみて、日本と違うと感じたり、気がついたことは何ですか?

    他人の新しいアイデアを肯定する文化が根付いており、VCやスタートアップ、ミートアップなど、アイデアを具現化するためのサポートが十分にあるため。そのおかげで新しいものが非常に速いスピードで作られていくと感じた。日本の技術者や、それがプロトタイプであろうとも作成するものの細部までこだわってものづくりをしており、そこが日本の良さだと感じた。海外で生活する人は、適当さがあるが、一方で様々なことに臨機応変に対応できる対応力がすごいと感じた。

    ホームステイはいかがでしたか?

    ホストマザーとたくさん話して、いろいろなことを教わることができた。自分の意見を主張したいと思った時に意思疎通が難しかったこともあったが、きちっと英語で意見を主張する勉強になった。また、アメリカに住む人の文化に存分に触れることができたことが良かった。

    その他の感想があれば自由に書いてください

    今回の研修を通して、様々なことを学ぶことができ、また大変楽しかった。AZusaの方には、今回のホームステイ先を探していただき、本当に感謝しております。

  • 京都ノートルダム女子大学 M.Sさん

    • 研修期間 : 2017年2月13日〜3月3日
    • 場所 : カリフォルニア州シリコンバレー
    • 研修先 : 貿易会社

    最初は思ったより日本語が多いなと思いましたが、今ではこの会社でよかったと心から思います。職場の人たちはとてもこんな仕事が出来ない私でも仲良くしていただいて、またたくさんのレストランにも連れて行ってくれました。ホストファミリーでもお昼も作ってくれたのでほんとにこうような良い人たちに出会いの機会をくれたことを心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

  • 神奈川大学 中嶋 日菜子さん

    • 研修期間 : 2018年8月10日〜9月4日
    • 場所 : カリフォルニア州サンフランシスコ
    • 研修先 : 旅行会社

    グローバルキャリア実習に参加した「目的」は何ですか?

    自らの英語力の向上と、自信をもって語ることのできる経験をしたかったからです。

    その目的を達成することが出来ましたか?

    どちらの目的も達成することができました。 英語力の向上に関しては、自分から積極的に現地の方々に話しかけることを意識して生活するよう心掛けました。ホストファミリーや実習企業先の方々、他にもUBERのドライバーの方々など、国籍問わず色々な方と会話をするよう心掛けたことにより、特に「英語を聞く力・話す力」がこの1カ月で向上したように思います。 またそれに伴い、日本で生活しているときには感じることのなかった英語に対する意識も変化したように思います。 具体的に言うと、相手の話した単語の意味が理解できない時は、聞き流さずにすぐに質問して意味を聞くよう心掛けるようになりました。また、自分が英語を話す際も、説明したい内容に合った単語が思い浮かばない場合でも、すぐ辞書に頼って単語を調べるのではなく、その単語と同じ意味になるよう自分なりの言葉で表現して伝えるよう心掛けるようになりました。今までの、大学から指示された課題をただこなすだけという英語に対する意識から「もっと英語を学びたい、もっと英語に触れたい」という、自ら進んで英語を学ぼうとする意識へと変化していきました。この自ら英語を学びたいという意識の変化も相まったことにより、私の英語力は研修前と比べ確実に向上したように思います。

    自信をもって語ることのできる経験をしたかったという目的に関しては、特に達成することができたと思います。今まではっきりとした目的意識もないまま、風任せのような生活を送ってきていたため、自分が自信をもって語ることのできる経験をしたことがありませんでした。しかし今回のインターンは、こんな風になれたらいいなあと思っていた夢うつつで漠然とした自分の将来像を、確信たるものへと変えてくれる大きなきっかけとなりました。ぼんやりとしか見えていなかった将来像に明るい兆しがあると示してくれた今回のインターンは、まさに今後自分を語っていく上では欠かすことのできない価値ある1ヶ月間であり、また確信した将来像に向かって背中を押してくれる自信の一つにもなりました。

    海外企業での実務実習は、自分の将来に役立つと思いますか?

    今回私は、旅行会社で実務実習をさせて頂きました。この1ヶ月間の実務実習を経て、
    ・英語を使って自分の伝えたいことを伝えることの大変さ
    ・自分の企画した旅行プランに対して、自分の意見を心から尊重して耳を傾けてくれる人がいるという職場の恵まれた環境
    ・実習内外問わず、自発的に積極的に自分からアクションを起こすことの大切さ<
    ・自分のやってきていることに対して自信をもつこと

    これら4点を特に学ぶことができました。先ほど上述したように、私は今回の実務実習の経験を経て、将来像として漠然と掲げていた「日本と海外を繋ぐお仕事をしたい」という夢が確信たるものへと変わることができました。この確信へと変わった将来像は、今回の実務実習に参加したことによって得ることのできたものであり、これらの点以外にも多くのことを学ぶことのできた今回の実務実習は、自分の将来に大きく役立つ糧になったと確信しています。
    (さらに…)

  • 京都ノートルダム女子大学 K.Tさん

    • 研修期間 : 2017年2月13日〜3月3日
    • 場所 : カリフォルニア州シリコンバレー
    • 研修先 : 現地旅行会社

    グローバルキャリア実習に参加した「目的」は何ですか?

    英語力を確かめたかったのと、自分の可能性わ広げたかったため。

    海外の企業で働いてみて、日本と違うと感じたり、気がついたことは何ですか?

    日本は新人に優しいと感じました。研修をたくさんして伸ばしてくれると思いました。しかし、アメリカでは自分から行かなければ仕事がもらえなかったり、あまり話しかけてもらえなかったりするところが大きな違いだと思いました。

    海外の企業で働いた感想は?

    日本語が通じない場所で通勤し、アメリカ人と肩を並べデスクワークしたことはそうできるものではないことですし、また行くと決意したことは大きな進歩であったと思うので、やりきったことや覚悟が今後の自信につながると思います。

    ホームステイはいかがでしたか?

    初めてのホームステイではなかったのですが、やはり一家庭一家庭個性が出て、その中で自分がフィットする生活を送るのは難しいですが楽しいかったです。

    休みの日や帰宅後はホストファミリーとどのように過ごしましたか?

    サンフランシスコを案内してもらいました。一緒に映画も見ましたし、ホストマザーとファザーとよくご飯を食べながら話しました。

    シリコンバレー企業訪問ツアーにご参加された感想をお聞かせください。

    とても楽しかったです。NASAでは宇宙船の中が見れてテンションが上がりました。Appleの新しい会社も見れてよかったです。スタンフォード大学はすごく広くて、アメリカの大学!って感じがして楽しかったです。スタンフォードのシールとスウェットが買えたので嬉しかったです。コンピューター博物館では日本語で説明していただけたので、歴史に触れることができて楽しかったです。日本語でも内容はちょっと難しかったです。Googleでは自転車や写真スポットが何箇所かあったので楽しかったです。ありがとうございました。

    K.Tさんのホスト企業担当者の方からのお声

    She was a great pleasure to work with. She is very smart and hard working. I was very impressed with work ethic and ability to comprehend the tasks and instructions given.

    K.Tさんのホストファミリーさんからのお声

    SHE IS SUCH A WONDERFUL PERSON/STUDENT. WE THANK HER FOR RESPECTING US AND WE HAD A GOOD TIME HAVING A CONVERSATION WITH HER. WE HOPE, IN OUR SIMPLE WAY OF BRINGING HER TO SOME PLACES HERE IN SAN FRANCISCO, SHE FELT THE HOSPITALITY/FRIENDSHIP WE DID FOR HER EVEN IN A SHORT PERIOD OF TIME.

    K.Tさんからご帰国時にこんな素敵なサンキューレターを頂きました!

  • 龍谷大学 福本 智也さん

    • 研修期間 : 2018年8月27日〜9月7日
    • 場所 : カリフォルニア州シリコンバレー
    • 研修先 : 航空系

    グローバルキャリア実習に参加した「目的」は何ですか?

    もし何か問題にぶつかった時に、自分には今までなかった新しい考え方や視点を身につけることで、違う観点から問題を解決できるように、たくさんの考え方を身に付けること。

    その目的を達成することが出来ましたか?

    まず新しい考え方について、私は何か問題が発生して解決できない時があると、違う観点からアプローチして問題を解決していこうといつも考えていましたが、行動はできても、知識がほとんどないのでなかなか考え方を変えることが出来ませんでしたが、今回のプログラムにおいて、実際にシリコンバレーで働いていた人の考え方や、今実際に実習先で学んだ日本人とアメリカの人たちの考え方の違いなど、今までなかった私の知りたいことがたくさんありました。それらを全て身につけたいと思っているので、まだまだ考え方を全てまとまっているわけではないですが、ほぼ達成はできています。あとは、いかにこれらの考え方をうまく使い分けできるかが今後の課題だと思っています。

    海外企業での実務実習は、自分の将来に役立つと思いますか?

    外国人の考え方と日本人の考え方は全く違います。まだこの考え方の違いをどういう風に繋げていくかはまとまってはいないですが、この考え方の互いの良いところを合わせれば、私にとって将来の仕事に対する意識や姿勢が大きく変わってくると思うので、その考え方は役に立つと思います。

    実習中、英語はどの程度使いましたか?どのような場面で使いましたか?

    他と比べないと分からないですが、わたしは精一杯頑張った方だと思います。今やっている仕事が終われば、誰かに仕事はないか聞いたり、分からないところがあったら必ず聞いたり、コミニュケーションも毎日取っていました。

    ホームステイはいかがでしたか?

    非常に良い経験になった。初めて英語ばかりの生活を送りましたが、わたしはアメリカではたくさんの人と喋りたいと思っていたので、常にホストファミリーがいるリビングで報告書やテレビを見ていました。なので与えられた部屋に居たのは、本当に寝るときぐらいでした。ですが、英語を話すことにより、もっと英語をうまく話たい、より深く話を理解したいと思った時がたくさんあったので、自分にとっては今後英語を勉強していく際の良いきっかけだったと思います!

    休みの日や帰宅後はホストファミリーとどのように過ごしましたか?

    毎日どこかに連れて行ってもらい、サンフランシスコ、アウトレットみたいな場所、サンタクルーズに連れて行ってもらいました。

    (さらに…)

  • 国立徳島大学 東慎太郎さん

    • 研修期間 : 2017年8月21日〜9月22日
    • 場所 : カリフォルニア州シリコンバレー
    • 研修先 : 現地日系幼稚園

    教育の根本である幼稚園でインターンシップをさせて頂いたことにより、自分の視野が広がった。今までは中高生にしか注意できていなかったが、教育というのはもちろん中高生だけではない。幼稚園で教える内容は非常に簡単で、中高生には当たり前のことだが、その当たり前のことをきちんと教えることの難しさを実感した。今回実際に体験した難しさを忘れず、将来自分がどのように生徒にアプローチしていくかなどを考えて行く際の手がかりにしたい。

    ホームステイ先ではアメリカ人の元でアメリカのご飯を食べ、アメリカのテレビを見るというのがホストマザーのモットーで、それに従った生活をしていく上で少しはアメリカの家庭の雰囲気がわかった。また、他にも台湾人やアゼルバイジャン人など、他国のルームメイトがいたので、その人達と話すことが出来たのは良い経験だった。

  • 龍谷大学 中嶋 錦之介さん

    • 研修期間 : 2018年8月27日〜9月7日
    • 場所 : カリフォルニア州サンフランシスコ
    • 研修先 : 旅行会社

    グローバルキャリア実習に参加した「目的」は何ですか?

    海外でインターンをしてみたかった。みんなができるわけではないので、この経験を就活に生かしたい。また、アメリカで働きたいと思っているから。

    その目的を達成することが出来ましたか?

    海外でインターンをすることができたしみんなができないことも体験できた。この体験をどう感じたか、何が困難でそれをどう対処したり乗り越えたかを考察すれば、就活に活かせそうだと思う。アメリカでは働くのはハードルが高いが、でも諦めたくないです。

    海外企業での実務実習は、自分の将来に役立つと思いますか?

    将来に非常に役にたつと思う。最初は、英語で説明されていることの内容がほとんどわからなかった。元々自分の英語にコンプレックスがあり、特に語彙力に問題があった。さらに、担当者の方がインド訛りの英語で、聞き取るのが難しかった。さらに、色々質問したくても人見知りをしてしまったり、説明されたことをまた聞いてしまうと、説明をちゃんと聞いていなかったと思われてしまいそうだったので、質問するにも躊躇してたが、実際にはそんな心配いらなかった。むしろ質問しなかったら、ここでインターンをする意味がないのだからと気付いた。自分は今まだ失敗できるし、積極的に前に進むことが大事と気づいた。又、英語に関しては、何回も聞き返した。当たり前だが、相手の方は私が英語を完璧にできるとは、思っていないだろうし、何よりアメリカ英語でなくてはいけないことはないと思った。実際、担当者の方も非常に訛っているし、実際に色んな訛りで聞き取りづらい英語を話す人は多い。大事なのは、聞き取れた単語や発音が似てて予測できる単語を組み合わせて、相手が言ってるであろう文を頭で完成させて、どんな訛りでも対応できる対応力が必要だとわかった。そのためには、発音を綺麗なアメリカ英語にするよりも、ボキャブラリービルディングの方が断然重要だと思った。

    ホームステイはいかがでしたか?

    良い経験になった。いい話し相手だったし、親戚の人もよく訪問してきて賑やかで和気藹々として見ててほっこりした。ホストファミリーが作ってくれるご飯は美味しかった。

    滞在中に参加されたイベントはいかがでしたか?

    バーベキューは美味しくて楽しかった。他の大学の方とも交流できて良かった。
    インターンシップは日本でバイトするような感覚でそれが英語になっただけに思える。実際、私にはツアーがすごくいい経験になった。正確にはツアーでヘッドクォーターを見て回ったことより、こちらで働く日本の方の話を聞いたことだ。あの方達からすれば何気ない言葉や、日本からはるばるやって来たただの学生に向けた綺麗な言葉かもしれないが、心に響くような話や想いを聞くことができた。少し自分にも自信が持てた。

    AZusaの方達にはとてもお世話になりました。ありがとうございました。

  • 関西大学  ラゴ・ジヨルジヨさん

    • 研修期間 : 2017年8月15日〜9月8日
    • 場所 : カリフォルニア州シリコンバレー
    • 研修先 : IT企業

    マーケティングたくさん学んできまして、英語も毎日使って練習しました。私は語学力比較的に高くて、未来的に外国語を使って仕事したいと思っています。出張とかすれば、この経験は非常に役立てると思っています。

    ホストファミリーは非常に優しくて、毎日とても美味しくて健康的な飯作ってくれました。もし何か問題ありましたらすぐ手伝ってくれました。一緒にちょっと観光したりとか、映画館行ったりとか、本当の家族みたいに過ごしました。てともいい経験でした。

    カリフォルニアは他の州と違う感じしました。みんな非常に優しくて、比較的に道も綺麗だったし、それに安全性がすごい高かった感じしました。

123
This Page TOP