User's Voice
体験者の声

HOME体験者の声
  • 早稲田大学 浜野真帆さん

    • 研修期間 : 2017年1月10日〜2月10日
    • 場所 : カリフォルニア州シリコンバレー
    • 研修先 : IT企業

    グローバルキャリア実習に参加した「目的」は何ですか?

    今回参加した目的としては、大きく3つあります。1つ目は「働く」という経験をし、またそれを通してITへの興味を知識に還元すること、2つ目に外資系の会社への就職が決まったために英語の能力を上げること、最後にホームステイの経験を通して自分を見つめ直すことです。それに加えて、目的とは異なりますがアメリカという国に興味があったということが参加のきっかけにもなりました。今までアメリカ以外の興味のある国には行ったことがあったので、学生最後に自分の希望を叶えたかったという気持ちもあります。

    どのような実習を行いましたか?

    日本人の上司のもと、マーケティングチームに所属して実習を行いました。内容としては、今までの広告資料作成、英語から日本語へのストリング翻訳作業、ホームページの細かな改善、エアポート広告の提案資料作成、次回出展イベントの準備、Webマーケティングのリサーチとそれに伴うアカウント作成やWebページの作成などを行いました。

    海外企業での実務実習は、自分の将来に役立つと思いますか?

    何がどう役立つか、働いたことのない私にはまだはっきりとわかりません。が、間違いなく貴重な経験だったとは言えます。「働く」ということが、本当に自由で自分次第ということがわかったこと、また、チームの中で個人として働く姿勢の基準ができたこと、またまだ何の力のない私自身に実力をつける覚悟を決めさせたこと。これらは仕事内容に関わらずとても大きな学びであり、今後社会に出るにあったって役立つ気持ちや気づきだったと思っています。

    海外の企業で働いてみて、日本と違うと感じたり、気がついたことは何ですか?

    「自分次第」ということが一番大きな気づきだと思います。出社の時間も仕事への取り組み方、時間の使い方、自分が自分をマネジメントできないと働き続けるのは難しいなと肌で感じることができました。逆にいうと、手を抜くのはすごく簡単なことで、それもすぐに自分に返ってくるということがわかりました。またそれらが、私にとっては居心地のいい空間でもありました。規模がそれほど大きな企業でなかったこともあって、どんな小さな仕事であっても自分がやったという価値を付加して仕事をやり遂げると、成果(達成感)を感じることができるし仲間に還元できることが多いなとも感じました。

    ホームステイはいかがでしたか?

    非常に良い経験になった。 久しぶりにホームステイをしたいと思ったのは、人をまるっと受け入れる心の余裕が私自身にしばらくなかったからです。楽しい瞬間だけではないということも、第2のアメリカの家族ができる喜びというのも、きっとあるだろうなと思いながらホームステイを希望しました。結果、やっぱりホームステイはすごくいい経験だったと言えます。 自分が発信しないと何も状況は変わらず伝わらない、自分のことを全て知ってくれているわけではない、それでも見ず知らずの私を受け入れてくれると決めたホストファミリーの暖かさに触れることで、自分自身の心構え、行動が変化していったことが自覚できました。また異なる文化に直で触れることができるのもホームステイのいい点だと思います。私のホストファミリーはインド人の家族だったので、食事という面でもママのお友達との繋がりでも新しい発見がいくつもありました。

    休みの日や帰宅後はホストファミリーとどのように過ごしましたか?

    休みの日は必ず、どこか有名な観光スポットや大学、ショッピングなどに連れ出してくれるホストファミリーでした。ママと二人で出かけることが多かったです。 帰宅後はそのまま買い物に出かけたり、近くを散歩したり、自分の部屋で過ごしたり、ダイニングでテレビを見たりして過ごすことが多かったです。

    浜野さんのホスト企業担当者の方からのお声

    Maho always had positive attitude toward assigned projects and willing to take on any new challenges within her ability. Work results were accurate and complete for the most part. She was also very punctual and her work ethic was good example to other employees. We truly enjoyed having Maho work with us and miss her presence and her support in our company already.

    浜野さんのホストファミリーさんからのお声

    We loved having Maho stay with us. The time has gone by so soon. I enjoyed all the time we spent together shopping and cooking too. We wish Maho all the best in life and hope to see her sometime in the future. Love and best wishes to Maho always.

  • 国立徳島大学 東慎太郎さん

    • 研修期間 : 2017年8月21日〜9月22日
    • 場所 : カリフォルニア州シリコンバレー
    • 研修先 : 現地日系幼稚園

    教育の根本である幼稚園でインターンシップをさせて頂いたことにより、自分の視野が広がった。今までは中高生にしか注意できていなかったが、教育というのはもちろん中高生だけではない。幼稚園で教える内容は非常に簡単で、中高生には当たり前のことだが、その当たり前のことをきちんと教えることの難しさを実感した。今回実際に体験した難しさを忘れず、将来自分がどのように生徒にアプローチしていくかなどを考えて行く際の手がかりにしたい。

    ホームステイ先ではアメリカ人の元でアメリカのご飯を食べ、アメリカのテレビを見るというのがホストマザーのモットーで、それに従った生活をしていく上で少しはアメリカの家庭の雰囲気がわかった。また、他にも台湾人やアゼルバイジャン人など、他国のルームメイトがいたので、その人達と話すことが出来たのは良い経験だった。

  • 上智大学 A.Kさん

    • 研修期間 : 2016年8月22日〜9月16日
    • 場所 : ニューヨーク州ニューヨーク
    • 研修先 : 日系旅行会社

    たくさんの業務を通して様々な事を教えて頂くことができました。ですがまだまだ自分自身の知識が足りていない部分が多いと感じました。仕事をするにあたって、日本の方とお話するのと同じ感覚で接するのではいけないことを学びました。来てよかったと感じています。ありがとうございました。

  • 関西外国語大学 A.Oさん

    • 研修期間 : 2017年2月6日〜3月17日
    • 場所 : ニューヨーク州ニューヨーク
    • 研修先 : 現地旅行会社

    自分のしたい仕事かを見極め、自分だったらこっちの方が向いてるかな?とか考えることができたので、進むべき方向を見つけることができ、それに向かっての資格などを取ることが大切だなと、もっと頑張ろうと思えた。

  • 関西大学  ラゴ・ジヨルジヨさん

    • 研修期間 : 2017年8月15日〜9月8日
    • 場所 : カリフォルニア州シリコンバレー
    • 研修先 : IT企業

    マーケティングたくさん学んできまして、英語も毎日使って練習しました。私は語学力比較的に高くて、未来的に外国語を使って仕事したいと思っています。出張とかすれば、この経験は非常に役立てると思っています。

    ホストファミリーは非常に優しくて、毎日とても美味しくて健康的な飯作ってくれました。もし何か問題ありましたらすぐ手伝ってくれました。一緒にちょっと観光したりとか、映画館行ったりとか、本当の家族みたいに過ごしました。てともいい経験でした。

    カリフォルニアは他の州と違う感じしました。みんな非常に優しくて、比較的に道も綺麗だったし、それに安全性がすごい高かった感じしました。

  • 津田塾大学 松田 理恵さん

    • 研修期間 : 2018年6月25日~7月13日
    • 場所 : カリフォルニア州ロサンゼルス近郊
    • 研修先 : コンサルティング会社

    グローバルキャリア実習に参加した「目的」は何ですか?

    昨年、同様のインターンシップに参加して学ばせて頂くものが多かったからです。
    (松田さんは昨年に続けて短期無給研修2回目のリピーターとなります)

    その目的を達成することが出来ましたか?

    達成することが出来たと思います。効率的な仕事の進め方や、ロジカルな考え方を身を持って学びました。また最終日には、パワーポイントを使い、自分がインターンシップでやったこと、それからアピールできる自分の強みを、質疑応答含め、実際の面接形式でやらせて頂きました。その後、フィードバックも貰い、非常に蜜の濃い充実した3週間でした。

    海外企業での実務実習は、自分の将来に役立つと思いますか?

    将来に非常に有効だと思います。やはり実際の自分と、なりたい自分は異なると思います。
    今後就職活動をするにあたり、会社に入ったら自分はどんなふうに仕事を進めるのか、上司や同僚との付き合い方、加えて基本的なマイクロソフトオフィスの習熟度など、「実際の自分」を見ることが出来ました。そのため、これからの企業研究において、会社側が求める人材のニーズをちゃんと把握して、いかにそれに合わせて自分が活躍出来るのかということを考えられると思います。パソコンの技術は劣っても、仕事に対するパッションや建設的な姿勢さえ忘れなければ大丈夫だと思います。

    海外の企業で働いてみて、日本と違うと感じたり、気がついたことは?

    日本の企業に対する印象と比較すると、外資系企業は非常にラフでオープンだと思います。それぞれ個人が、自分の担当する仕事の企業に対する重要性や責任を自覚し、また自分自信のゴールがしっかりしていると思います。CEOの会社というよりは、みんな自身で形成するみんなの会社というイメージが強く、またCEOとの精神的な距離も近いです。自分から積極的に他に働きかけていくというマインドが非常に重要だと思います。

    ホームステイはいかがでしたか?

    私のホストファミリーは第ニの家族も同然です。本当にいつもジョークばかり言っているし、毎晩私が好きそうな映画やテレビを一緒に見て、たくさん笑って、夕日を見に連れて行ってくれたり、一緒にコーヒーショップへ行ったり、初めてヨガをしたり、時には人生や仕事の話をしたり、恋愛の話で盛り上がったりしました。ホストマザーと一緒に働いていたので、ホストファザーは私がその日何をしたのか、晩御飯の際に詳しく聞いてきて、英語のスキルアップと供に、私がやっていることが会社にどう有効なのかということを意識しなきゃダメだよ!ということを、遠回しに私に気づかせてくれていました。彼らは私にとって、かけがえのない家族同然の存在で、強い味方です。

    企業担当者の方からのお声

    Rie was assigned a wide variety of tasks that were important to our Company. She approached every project with enthusiasm and a desire to help the Company and learn at the same time. Rie was efficient and inquisitive, not afraid to ask questions and understand why she was working on a task. This was the second internship for Rie with us and we were very happy to have her back again this year!

    ホストファミリーさんからのお声

    This was the second time Rie stayed with us during an internship. We have stayed in touch since her first stay in 2017 and we met with her and her family in Japan earlier this year. Although we had a lot of fun shopping and watching movies together, we also had very serious conversations about various issues that arise in business. Rie was very engaged in everything while she was with us. We are certain the future is bright for Rie. We definitely feel like she became a part of our family and plan to stay in touch!

  • 京都ノートルダム女子大学 M.Sさん

    • 研修期間 : 2017年2月13日〜3月3日
    • 場所 : カリフォルニア州シリコンバレー
    • 研修先 : 貿易会社

    最初は思ったより日本語が多いなと思いましたが、今ではこの会社でよかったと心から思います。職場の人たちはとてもこんな仕事が出来ない私でも仲良くしていただいて、またたくさんのレストランにも連れて行ってくれました。ホストファミリーでもお昼も作ってくれたのでほんとにこうような良い人たちに出会いの機会をくれたことを心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

  • 鹿児島大学院  折尾彩さん

    • 研修期間 : 2017年8月14日〜9月22日
    • 場所 : カリフォルニア州シリコンバレー
    • 研修先 : 食品会社

    慣れない環境に飛び込むことにより、最初は不安だったが、自分で環境を変えることにより充実したインターン生活を送ることができた。実際に働くことにより、アメリカの働き方について知ることができた。日本人がおらず、英語のみの環境だったので刺激を大いに受けることができた。自分次第で環境を良くも悪くも変えることができると思った。日頃からコミュニケーションをとっていることにより、いざ議論となったときに自分の意見を述べることのできる環境に驚いた。

  • 大学1年生 匿名

    • 研修期間 : 2018年3月5日〜3月19日
    • 場所 : カリフォルニア州サンフランシスコ
    • 研修先 : 出版会社

    グローバルキャリア実習に参加した「目的」は何ですか?

    第一に英語運用能力の向上、そして控えている長期留学や日々の英語学習のモチベーションを上げること、就活を見据えた働くことについて考える為に参加しました。

    その目的を達成することが出来ましたか?

    ほぼ達成できました。英語の運用能力の向上を目標としていましたが、慣れない英語でも積極的にコミュニケーションを取っていくこと、話そうとする意識の方が大切だと痛感したのが大きな収穫だと思います。インターンシップでは、2週間と短かったこともあり、やっと慣れてきて、仕事のことも会社のこともわかってきた所で終了となってしまったのが残念でしたが、実際の会社で働けたことはよい経験だったと思います。

    海外企業での実務実習は、自分の将来に役立つと思いますか?

    出版業界に興味があるので、出版の現場がどのように動いているのか、記事を作っているのかなどが分かったので、就活の時のよりイメージしやすくなると思います。

    実習中、英語はどの程度使いましたか?どのような場面で使いましたか?

    スタッフの方々は日本語が堪能な人が数名いましたが、私が英語で話して欲しいと言ったこともあり、基本的にはずっと英語でした。本当に分からない時だけや、雑談の端々にだけ日本語が登場するといった感じでした。

    海外の企業で働いてみて、日本と違うと感じたり、気がついたことを書いてください。

    まず最初に思ったのが、下の名前で呼び合うのが新鮮でした。ぐっと距離が近づいた気がしますし、そこまで上下関係を感じることも無かったです。それと、上司だからとか、勤続年数が長いからとかは全く気にせず、職場の人全員がどんどん意見を出して話し合う姿が印象的でした。

    休みの日や帰宅後はホストファミリーとどのように過ごしましたか?

    週末は週に一回午前中ドライブがてら、サンフランシスコの街を案内してくれました。お昼前に最終目的に置いていってくれます。最後の日は朝御飯を食べに行きました。帰宅後はホストマザーが忙しいこともあり平日は週に一回少し会うぐらいでしたが、私にはそれが合っていたと思います。オススメのスイーツを持って帰って渡したりもしました。

    デザイン・シンキング ワークショップはいかがでしたか?

    ワークショップはとても充実していてとても満足です。そこで出会った人との交流もよい思い出です。

This Page TOP